person04藤森 則子
社内コミュニケーションを大切にし、営業一人ひとりに合わせて仕事をこなす。目標を目標で終わらせないため、1日1日を無駄のないように全力投球!
迅速且つ正確な仕事で、営業をしっかりサポート

求人欄を見たときに直感的に「楽しそうな会社だな」という印象を持ちました。面接では、自分が今試験を受けていることを忘れてしまうほどリラックスした雰囲気。もちろん楽しい会話だけではなく、会社として将来の目標が明確にあり、それに向かって社員みんなで一致団結してやっていこうとしている最中だという説明をしていただきました。それを聞いて、成長していく過程に私もぜひお手伝いさせてもらいたい! という気持ちになりました。

多岐にわたる業務を臨機応変にこなす。多岐にわたる業務を臨機応変にこなす。

仕事は営業アシスタント業務です。営業の方がお付き合いのある社外の方と電話やメールでやり取りするほか、物件の概要書やレントロールの作成、銀行に提出する書類の作成・精査、必要書類のチェックなどが主な業務です。営業の方はお客様に合わせて動いているので毎日予定通りというわけにはいきません。そのため私も、いつでも臨機応変に動けるよう努めています。とはいえ、最初のうちは言われたことだけを教えてもらいながらやっていました。メモを取るのですが、話を聞き逃して何度も聞き直したことも。それでも、皆さんの行動や会話の内容を見聞きするうち、今では営業の方に「〇〇の業務お手伝いしましょうか?」と自分から言えるようになりました。手順書を見なくても作業できるようになり、わからなかった専門用語も努力の甲斐あって調べなくてもわかるようになりました。

頼まれる仕事が増えたことを、信頼の証を受け止めたい。頼まれる仕事が増えたことを、信頼の証を受け止めたい。

営業の方は、どんなに些細な仕事でも、私がやったことに対して「ありがとう」と言ってくれます。それが一番うれしいし、励みになります。急にお客様が来社されたときの対応等がスムーズにいったときや、営業の方が対応しきれない業務を代わりに行い問題なく進められたときは、充実感があります。日に日に頼まれる仕事も多くなりましたが、それも信頼されてきたからと受け止め、やる気に繋げています。その一方で、仕事のほとんどがお金に関わる書類や連絡事項なので、緊張感をもって仕事を進めなければならないと、常に気を引き締めています。提出期限が決まっている書類がギリギリになってしまったため、担当の方を焦らせてしまう形になり、結局すべての期限がずれ込んでしまったことがありました。すべての業務は、一人で進めているのではなく、いろんな方が関わっています。私が遅れることで全体の流れが変わってしまう怖さを知りました。

お互いを高め合える会社だから、毎日の出社が楽しみ。お互いを高め合える会社だから、毎日の出社が楽しみ。

わひこには先輩・後輩の壁がありません。社内には、どんな困難もみんなの力を合わせれば乗り越えていけるような気持ちになれる明るい雰囲気があります。全員がしっかりと気を引き締め、お互いを高め合いながら仕事をする。そんな会社です。だから毎日会社に来るのが楽しみ! 社訓の一つに「仲間を思って良いところも悪いところも口に出すべし」という文言がありますが、褒める時も感謝する時も怒る時も、愛情をもって接していることを肌で感じます。これは、一人ひとりが常に周囲を見ていて、気遣って支えて合えている証拠。私がこの会社の大好きな部分のひとつです。営業の方に指示されたことを、1を聞いて10返せるようになるのが目標。「藤森に任せておけば大丈夫!」と信頼される人になりたいです。

HOME
CONCEPTWAHIKOの考え方
WORKSWAHIKOの仕事
PERSONWAHIKOの人
INFORMATION採用情報
COMPANY会社概要