person01東野 智仁
経歴 区分マンションの販売営業から転職し、不動産コンサルタントとして従事。150名の会員を抱え、営業成績・顧客満足における社内での高い評価を獲得している。
オーナーの気持ちは、オーナーにしかわからない

元々3年間不動産の営業をしていました。その時は2,000万規模の区分マンションを販売していたのですが、額面としてもっと大きなものを扱いたいと思い、転職を決めました。何か不満があったというわけではなく、自分自身をステップアップさせたいという思いからでしたね。いくつかの会社を比較検討する中でわひこと出会い、ここで働くことが自分を更に伸ばすことに繋がると感じ応募しました。入社して、希望した通り億単位の物件を扱っています。

徹底したお客様満足、というやりがい。徹底したお客様満足、というやりがい。

私は前職も不動産営業だったのですが、その時に取り扱っていたのは区分マンションでした。対して、わひこで取り扱うのは一棟マンション。丸ごと一棟のマンションを取り扱うことで、取引する金額が増え、動かす部屋数が増え、関わる人の数が増え、考えるべき物事や手続きの書類の数も増えることになります。最初の3ヶ月は業務フローや専門用語に慣れるのが大変でした。
わひこの方針でもありますが、私はいくらお客様が「買いたい」と仰っていても、目先の利益だけを追ってすぐに販売することはしません。徹底したお客様満足の追求のため、不動産投資を行うことでお客様が何を得たいのか?じっくりとお話を伺い、お客様のご希望はもちろん将来的なライフプランも考慮し、購入から売却までの長期的な視点でその方にとってベストなご提案を行います。そのためには、不動産の知識を持っているだけでは充分とは言えないんですよね。先輩に積極的に質問したり、隙間時間に本を読んだり。現在150名程のお客様を抱えていますが、お客様にとって頼れる営業マンであるために、私自身も勉強の毎日です。

仕事も遊びも手を抜かず、自分の限界を超える。仕事も遊びも手を抜かず、自分の限界を超える。

うちの会社は凄く面白い会社だと思います。1つに、他の社員や役員との距離が近い。みんなで飲みに行ったり誰かの家に集まったりする機会もしょっちゅうありますし、この前も社長も含む何人かでウェイクボードをやりに行きました。他の会社に比べるとアクティブな人が多く、長く時間を共にすることから一体感が強いんですね。仕事も遊びも手を抜かない人たちが揃っているので、そんな人たちと日常的に関わることで良い刺激をもらうことが出来ます。もう1つは、自分が持っていた枠をあっさりと取り払われてしまう。私は営業職なので月ごとに目標数字があるのですが、自分では「これは無理なんじゃないかな?」と思うところを「いやいや出来るでしょう」と簡単に飛び越えさせてくれる。自分以上に自分を信頼してくれる人たちがいる。それは物凄い後押しになりますね。私自身わひこに入社して、自分が限界だと思っていたところを何度も飛び越えさせてもらい、その度に私という個人に対しての自信を大きくしてきました。わひこに自分自身を、自分の人生を変えてもらったと言っても過言ではありません。

足元ばかり見ていたら、その先は見えてこない。足元ばかり見ていたら、その先は見えてこない。

わひこは「自分のやりたいことが叶えられる会社」です。仕事自体は決して楽ではありませんが、それはお客様満足を追求する上では当たり前のこと。学歴や経験がなくても、本人の意思とやる気さえあれば、成果に応じて次々と活躍のポジションが用意されていきます。私自身も、今はいち営業マンですが夏を目処に営業を束ねるマネージャーに昇格したいです。会社自体が規模を拡大する中で、自分もチームを持つことで規模を大きくし、お客様には信用と信頼を元に、会社には売上と実績を元に貢献していきたいと考えています。

HOME
CONCEPTWAHIKOの考え方
WORKSWAHIKOの仕事
PERSONWAHIKOの人
INFORMATION採用情報
COMPANY会社概要